税理士の方との面談

本日、一人目の税理士の方とお話しました。

 

たいへん丁寧で、説明も分かりやすく

freeeもよくご存知なので、こちらの悩みもすぐ伝わりました。

 

何よりの問題として、現時点の収入、収支共に少なく

青色申告のメリットがないと指摘されました。

せっかく開業して青色申告の届け出も出したのに

それは残念です。

 

freeeのアカウント共有ができる(初めて知りました)ので

収支の細かい点を確認してもらえることになり、

まずはその判断を待ちます。ここまでは無料です。

 

独力で色々と判断するのはやはり難しく

餅は餅屋に任せるべきと実感しました。

明日は税理士と面談

なかなかお仕事がないので、

単金を下げて探します。

 

プロフィールからの引き合いがあった案件があるので

早速コンタクトしてみました。

 

ジャンルが限定されておらず

一覧から自分の書けそうな記事を選ぶというものです。

ここ数日内にトライしてみます。

一体、どんなメディアに載るんだろう。

 

明日は税理士と面談です。

明日と来週で別々の2名と面談予定なので

明日は率直に現状を伝えようと思います。

 

そこであれやこれや言われてしまったら

来週会う方にはその対策を取った上で

面談するという作戦です。

 

作戦というほどのものでもないですし

知識ないのに小細工するとろくなことなさそうなので

まずは明日は正直スタンスで臨みます。

 

 

 

また案件不採用

また案件不採用でした。

 

やりたい金融領域ではないのですが、

以前本業で扱ったことのあるIDaaS(Identity as a Service) という

クラウドの認証サービスに関する案件で

ニッチだろうからと期待していたものの、結果は残念。

 

不採用の理由はライター経験不足とのことで

それ言われるとすぐには解決できません。

 

結果として11月は副業稼働しませんでした。

この事態にかなり焦っています。

これでは雑収入のお小遣い稼ぎといわれても反論できません。

 

やはり何事も早く始めることは重要ですね。

やってみないと分からないことが多いので、

まずは動く!そして1つ1つの問題の解決策を考えながら

走るのが近道でしょう。

 

まずは短期で小さめの案件をCrowdworksで探し

応募してみました。採用されるといいなぁ。

 

 

案件をとれる自己アピール文

Crowdworksに2案件応募して反応がないので、

更に2案件応募してしまいました。

 

本当はすぐに決まってくれるとありがたいのですが、

作成するアウトプットのイメージが湧きやすい案件は人気が高いようで

多くの応募者いるため、その中から選ばれる必要があります。

 

選ばれないということは、自身のアピールに不足する点があるということです。

経験年数は数ヶ月、実績も少ない中では、

資格、職歴、やる気を表現するしかありません。

 

おそらく、選ぶ側としても何人ものライターの品質を確かめる負荷は高いでしょうから

少人数を選択して、それ以降は継続発注したいはずです。

 

そうしてみると、顔を合わすことはない世界ですが

信頼というのは重要です。

 

信頼はすぐには構築できませんが、

最初のきっかけを掴まないとその構築も始められないので

まずは小さくてもお仕事をいただかなくては!

 

自己アピール文も少しずつアップデートして

差別化ポイントを強調したり

発注したいと思わせる工夫を考えなくてはなりません。

トライ&エラーで進みます。

 

傾向が掴めたら、備忘のため随時このブログに書き留めます。

まだはっきりとはしていませんが、Crowdworksの表示名は

ニックネームよりも本名の方が良い気がしています。

本名はなんとなく表示したくないんだけどな。。。

悩みます。

 

 

税理士から連絡きました

freeeを通じて依頼をかけていた確定申告をサポートいただく

税理士の候補者から連絡がきました。

3名の方からコンタクトがあり、1名は繁忙期とのことで断られました。

 

まずは来週打ち合わせをすることになりましたが、

freeeの記帳だけ手伝ってくれなどというお願い、

聞いてもらえるのか不安です。

調べると相場は1万円程度だそうですが、

費用面も不安です。

仕事はいくつかこなしましたが

まだまだ少ないので「小遣い稼ぎ」扱いで

副業と認められないか、不安です。

 

不安だらけです。

でもそれを1つ1つ乗り越えていくしかないですね。

週に何時間副業できるか

Crowdworksで応募していた案件の1つから打診がきました。

とても興味のある案件だったのですが

週20時間以上の稼働がマストだということで

残念ながらお断りしました。

 

もう返事をしてしまったのですが、それで良かったのだろうかと

逡巡しています。

 

今が頑張りどころだから意地でも時間を作るべきなのでは、

資格の勉強の時は本業以外に20時間/週を確保してたし。。。

でも今は土日に4-5時間かけても、平日毎日2時間はむりそう。。。

 

副業を実際にやっている人はどの程度時間をかけているのか調べてみると

5時間/週未満の人が5割弱、5-10時間/週の人が3割のようです。

 

www.glocaltimes.jp

 

私の場合も、5-10時間/週での稼働が当面の目安だと認識しました。

 

 

今日は待機

Crowdworksで2件に応募しましたが反応ありません。

実績のアピール不足や、条件金額で不一致があるのかもしれません。

 

どちらも不採用となる可能性があるのでもう1件応募しました。

これでいっぺんに採用されたら困ってしまいますが

その時はその時で頑張るしかありません。

 

freeeからの会計士の連絡もまだないので

夜のワールドカップ日本戦を楽しみに

今日は待機です。

 

待機って進んでいる気がしないので

少し不安になります。